Entries

2期が見たいアニメを考えてみた

先日ネット巡回をしていた際、「2期が見たいアニメ」というスレが気になってつい開いてしまった。 スレの内容は実際は続きが見たいアニメという感じで、回答に2期があった作品も含まれていた。 オレも続きを見たかったアニメは色々あるなあ、全ての作品が完結までいけるわけではないしね。               http://anicobin.ldblog.jp/archives/42954453.html         例えば機動戦艦ナデシコは劇場版の続き...

四国・九州・沖縄でアニメの聖地巡礼を

2015年の抱負として中国・九州・沖縄の旅行をしたいと書いたオレだが、まだ具体的な考えはない。 どこの地域にも行った事が無いし、普通に観光旅行のような感じで行ってこようかなと思っている。 ただもし近くにアニメの舞台があるならスルーしたくはない、という訳で回れそうな作品を調べてみた。 四国 高知 ・海がきこえる 香川 ・瀬戸の花嫁 ・結城友奈は勇者である  九州 福岡 ・エクセル・サーガ ・スケッチブック ・そらの...

「愛・天地無用!」について天地無用ファンのオレが思うこと

天地無用!魎皇鬼のOVA第1巻が発売されたのが1992年、気が付けば20年以上の年月が過ぎた。 友人には何度も話した事だが、オレが完全にオタ化した理由がセーラームーンと天地無用だった。 天地無用に関しては、Rの途中で視聴を止めたセーラームーンとは異なり最後まで追い続けている。         天地無用はメディアミックス展開のパイオニアとなった作品で、その裾野は凄まじい勢いで広がった。 当時オタとしてまだままだ若...

ウインタースポーツ漫画はなぜ少ないのか

ソチオリンピックも女子フィギュアが終わって一段落、あとはいくつかの競技と閉会式を残すのみだ。 メディアは羽生の金、葛西の銀で盛り上がり、浅田真央のフィギュアで一喜一憂した感じだったな。 それでも浅田のフリーの演技は素晴らしかったし、彼女に悔いが無いのであればそれでいいと思う。                 そこで不思議に思うのが、こういったオリンピック需要に乗ったアニメや漫画がほとんど無い事だ。 ...

過去のジブリアニメを振り返ってみる

崖の上のポニョから5年ぶりに新作アニメの監督をした宮崎駿、引退するする詐欺は止めたようだ。 オレも何だかんだでジブリ作品は見てるんだよね、最近だとコクリコ坂やアリエッティあたりかな。 ここ数年のジブリ作品はつまらないとよく言われるが、個人的にはこの2作品はそこそこ楽しめた。       そうは言ってもハウルやポニョは全く琴線に触れず、ゲドに到っては記憶にかけらも残っていない。 ただ興行収入は相変わらず...

ゲームが原作の実写映画の考察

アニメや漫画の実写映画化がここ数年あとを絶たないが、そのたびにファンが落胆している印象だ。 個人的にはデスノートやカイジ(1作目)など楽しめた作品もあるが、どちらかというと駄作が多い。 一方ゲーム原作の実写映画化は意外と少ないんだよね、日本に到ってはほとんど無いに等しい。                  ゲーム原作の映画でヒットした作品と言えばやはりバイオハザードだ、さすがにやり過ぎ感もあるが。 ト...

歴代のアーノルド・シュワルツェネッガー映画を思い出してみる

久しぶりに映画の主役復帰したシュワちゃんだが、何だかんだで彼の作品は当たりが多いと思う。 ジャッキーやスタローンは外れ作品も結構あるんだが、シュワちゃんの映画はどれも結構面白い。 決して演技が上手い方ではないが雰囲気がいいんだろうね、あと映画に恵まれた面もあると思う。        ターミネーター、コマンドー、プレデターあたりは何回もテレビ放送しているし、見た人も多いだろう。 よく比較されるスタロー...

歴代のジャッキー・チェン映画を思い出してみる

ジャッキー・チェンは今回のライジング・ドラゴンで本格的なアクションから卒業すると発表している。 エクスペンダブルズ3の出演なども決まっているが、今年で59歳だし第一線を退く頃合かもしれない。 考えてみれば、オレが今までに見た映画の中で一番多く主演を張っていたのはジャッキーだと想う。                     おそらく初めて見た映画は蛇拳だと思う、あの頃の拳法シリーズが一番好きだという人も...

アニメ映画のシリーズ累計本数TOP5

昨年以上にアニメ映画の本数が増えたと感じる今年、今後もまどマギ、タイバニ、あの花などが続く。 内容はテレビシリーズの続編や総集編が非常に多く、オリジナルアニメ映画はかなり減った印象だ。 それでも宮崎駿の「風立ちぬ」や高畑勲の「かぐや姫の物語」といったジブリ映画も今後控えている。       しかしこうしたアニメ映画の乱発に影響される事なく、黙々と作られ続けているアニメ映画も数多い。 改めて最も多く製...

ホラーアニメ考察

今回は全てのホラーを内包した映画「キャビン」を見た事にちなみホラーアニメについて考えてみた。 ホラーアニメは非常に区分けが難しい、サスペンスホラーやサイコホラーといった分野もあるからだ。 例えば地獄先生ぬ~べ~も見方によってはホラーアニメだ、パーフェクトブルーあたりもそうだろう。             そういった中で、個人的に最も古い部類のホラーアニメとして思い浮かぶのが妖怪人間ベムだ。 あの作中...

カーレースアニメ考察

今回カーレースがメインのアニメ「シュガー・ラッシュ」を見たが、レースのスピード感はさすがだった。 何だかんだでディズニーアニメは映像の出来が半端ない、かけている制作費も半端ないわけだが。 一方日本のカーレースアニメを探してみると、人気が出そうな分野なのに意外と作品数が少ない。 やはり日本アニメのカーレース物の原点はマッハGoGoGoだろう、ハリウッドで実写映画化もされた。 しかし一番カーレースアニメが製作...

料理・グルメアニメ考察(2012年7月18日)

この間、食のアルバムを作成した事だし、今回は料理・グルメアニメについて考察してみようと思う。 料理を題材にした漫画は現在でもいくつか連載されているが、実はアニメ作品となると意外と少ない。 これは漫画にも言えるが、料理の味や香りが見ている人に中々伝わりにくい事が理由にあると思う。 そんな中でも間違いなく成功したと言える作品はミスター味っ子と美味しんぼくらいかもしれない。 もちろん他にクッキングパパなど...

「三角関係」アニメ考察(2012年5月16日)

先日マクロスの展示を見に行った際、監督のメッセージの中に印象に残るコメントがあった。 マクロスはロボット、歌、そして三角関係が三大要素として不可欠になっているという事だ。 マクロスFの際に三角関係を外そうかという話題が出たらしいが、許可がおりなかったそうだ。                個人的に三角関係ものは大好きなんだが、ドロドロ展開過ぎると引いてしまう人も結構いる。 ただ過去には「みゆき」や「き...

4コマ漫画原作アニメ考察(2012年2月16日)

ここ数年は4コマ漫画のアニメ化が続いていて、毎期必ずあると言っていいくらいだと思う。 今期も話題作ではないが「キルミーベイベー」と「リコーダーとランドセル」の2本が放送中だ。 正直、少し人気のある4コマ漫画であれば片っ端からアニメ化しているようなイメージがある。 ちなみに過去の4コマ漫画でアニメ化された作品は、調べてみたところ60本以上もあった。 その中でも最近の作品や売れた作品を何本か挙げてみた、見た事...

ハドソンの終焉 バ~イ ハドソン(2012年01月25日)

先日、ゲーム会社のハドソンが親会社のコナミに3月1日付で吸収合併されると発表された。 昨年コナミの子会社となり高橋名人をリストラした辺りから予想されていたシナリオではある。 それでも、ファミコン黎明期に生きてきたオレ達世代にはハドソンの消滅は寂しくも感じる。          http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1691088.html                     両名人の特訓風景が秀逸だw 高橋...

アイドルアニメの考察

今期スタートしたアニメ作品の中にアイドル物が2本入っているが、これはかなり珍しい事だと思う。 AKB0048は残念ながらあまり話題になっていないが、ラブライブ!の方は人気が急上昇している。 ラブライブはアイドルマスターと同じように売っていくつもりのようだが、そこまで行けるだろうか。      個人的には、アイドルアニメの歴史は1978年放送のピンクレディー物語から始まったと思っている。 ただあくまでも「ピンクレ...

昭和特撮ヒーロー考察(2011年10月24日)

最近の子供の特撮ヒーローと言えば仮面ライダー、戦隊ヒーロー、ウルトラマンくらいだろう。 逆に言えばそれ以外の特撮ヒーロー達はみな時代に駆逐されていったわけだ、残念な事だ。 オレが見に行った電人ザボーガーを始め、数十年前はまさに特撮ヒーローの全盛期だった。                当時好きだった特撮ヒーローをいくつか挙げてみよう、特に好きだったのは写真の6作品だ。 実はほとんどの作品をろくに見てい...

百合アニメ考察(2011年8月29日)

今期のアニメもそろそろ終盤に差し掛かったが、そんな中で健闘している作品がゆるゆりだ。 前評判は高くなかったがオレは結構期待していた、なんたって「百合姫」掲載作品だからね。 定期的に百合作品は出てくるが、どうしても百合物はコアなファンしか付いて来にくいようだ。 そういう意味からすると、マリみてブームの時と同様にゆるゆりくらいのライトな百合作品が流行れば、マイナーイメージが付いて回る百合物にもまた日の目...

怪盗アニメ考察(2011年8月21日)

今回はルパン三世展に行ったという事で、怪盗物のアニメについて書いてみようと思う。 ありふれた題材だと思いきや意外と怪盗物のアニメは少ない、まあ泥棒は基本悪党だしね。 探してみたところ10作品ちょっとしかなかった、少女漫画系が多いのも特徴かもしれない。             王ドロボウJING  怪盗きらめきマン  怪盗セイント・テール  快盗天使ツインエンジェル  怪盗レーニャ  神風怪盗ジャンヌ  キャッツ...

スポーツアニメの考察(2011年7月31日)

今回はスポーツアニメについて考察してみようと思う、そのメインとなってくるものは球技だ。 日本で国民的スポーツとして認知されてきたのは野球であり、その分アニメの歴史も古い。 調べただけで24作品もあり、特に巨人の星やドカベンは野球好き少年には大人気だった。  巨人の星  侍ジャイアンツ  男どアホウ甲子園  一発貫太くん  ドカベン  野球狂の詩  一球さん  キャプテン  プレイボール  がんばれタブチくん  ...

Appendix

プロフィール

ヒロ@戦慄のアニオタ

Author:ヒロ@戦慄のアニオタ
名前/ヒロ@戦慄のアニオタ

趣味/アニメ・映画・アニソンライブ・ライトノベル・プロ野球・プロレス・麻雀・アニメ舞台探訪・孤独のグルメロケ地巡り

好き/マイケルジャクソン・超人ロック・ちはやふる・スターウォーズ・初音ミク・DDTプロレス・スフィア・アイドルマスター・上坂すみれ・Wake Up,Girls!・ラブライブ!・イヤホンズ・田村ゆかり・堀江由衣・ももいろクローバーZ・ミルキィホームズ・JAMproject

行きつけの店/44sonic・アニソンバー綾波・アニソンバー銀河

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR