映画「GのレコンギスタⅠ 行け!コア・ファイター」感想

  • 2019/12/12(木) 23:24:14

   
レコ01
今回見に行ったのは「GのレコンギスタⅠ 行け!コア・ファイター」、五部作公開の第1話となる。
タイトルにガンダムの字が銘打たれていないが、富野由悠季が手掛けたガンダムシリーズだ。
富野氏は子供に見て欲しいと言っていたが、満員となった席は明らかに年輩層ばかりだった。

レコ02 レコ03
内容は、宇宙世紀から1000年以上の時が過ぎ技術進歩に制限をかけ再び繁栄し始めた時代、軌道エレベーターのキャピタル・タワーのそばに謎のモビルスーツが降下してくる展開だ。
モビルスーツを奪った海賊が襲撃してくる中、キャピタル・ガード候補生のベルリが立ち向かう。

レコ04 レコ05
地上波放送の時に分かりにくかった部分は様々な説明で補完され、初見でもかなり見やすい。
話がすっきり入ってくるので、ベルリがなし崩し的に敵のアイーダと共に戦う経緯もよく分かる。
女性に囲まれて用を足すシーンはそのままで笑った、富野氏の描く女性は面倒な子ばかりだ。

レコ06 レコ07
アニメの内容はかなりの比率で忘れてしまうので、総集編でも新作を見ている気分になった。
物語の後半からは「チュチュミィ」が耳に残るねw、見ようか迷っていたけど行って良かったよ。
5話あたりまでやった感じかな、配信もしているしガンダム好きなら見ておいてもいいと思うよ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「HUMAN LOST 人間失格」 感想

  • 2019/12/08(日) 13:12:24

   
人間失格00
今回見た映画は「HUMAN LOST 人間失格」、太宰治の小説「人間失格」を原案とした作品だ。
ポリゴン・ピクチュアズにはGODZILLAの嫌なイメージもあるが、脚本の冲方丁に期待したい。
そもそも人間失格の内容を全く覚えていないので、原案と言われてもピンとこないんだけどね。

人間失格01
内容は、舞台は医療革命により死を克服した昭和111年の東京で、体内ナノマシンを管理するS.H.E.LLネットワークから外れ異形化するヒューマン・ロスト現象が国内で頻発し始める展開だ。
謎の男・堀木正雄にロスト化された大庭葉藏は、不思議な力を持つ少女・柊美子に救われる。

人間失格02 人間失格03
120歳を迎えると人間合格となり健康指標として大きな影響力を得るという設定は中々面白い。
ただ人体のロスト化などはよく見かける内容だし、淡々と進む描写が多くて無駄に長く感じる。
序盤のバイク集団暴走シーンが一番の見所かもしれない、美子は普通に可愛いキャラだが。

人間失格04 人間失格05
ダークヒーローものと銘打っているがそれを感じなかった、途中から堀木に肩入れしたくらいだ。
設定が作品に活かしきれていないと思った、声優は豪華だがまたこの人かと思わなくもない。
人間失格という作品名だけ拝借したという印象だね、それでもGODZILLAよりはマシだと思うが。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「アナと雪の女王2」 感想

  • 2019/12/05(木) 22:03:00

   
アナ雪01
今回見に行った映画は「アナと雪の女王2」、近年もっともヒットしたディズニー映画の続編だ。
実はオレが1作目を見たのは今年の夏頃で、続編が公開される事を知って急いで見た感じだ。
あれほど売れた理由は分からないがやはり楽曲の力だろうね、個人的には字幕の方がいい。

アナ雪02
内容は、前作から3年が経過し女王として平和に過ごしていたエルサだが、彼女を呼ぶ不思議な歌声が聞こえ始めた事で自分の力の秘密を解き明かそうと妹のアナ達と共に旅立つ展開だ。
エルサ達はかつてアレンデール王国と敵対して深い霧に閉じ込められたノーサンドラを目指す。

アナ雪03 アナ雪04
前作は家族愛を前面に押し出していたが、今回はそれよりも冒険物としての側面が強いと思う。
ストーリーには突っ込みどころも結構あるが、テンポがいいので何となく気持ちよく見てしまう。
エルサが能力を使って動き回る描写はさすがのディズニー作画だった、最高峰の技術だろう。

アナ雪05 アナ雪06
相変わらず楽曲はいいので、鑑賞するならIMAXなど音響のいい劇場で観るのがお勧めだね。
とりあえずヒット作の続編としては十分な出来だったんじゃないかな、あまり批判も聞かないし。
劇場には家族連れがかなり来ていたし、今年度一番の興行収入になるのは間違いなさそうだ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「フラグタイム」 感想

  • 2019/12/02(月) 10:08:00

   
34468675_2320192802_120large.jpg
今回見た映画は「フラグタイム」、2013年に連載されたさと原作の百合漫画のアニメ化作品だ。
監督は、2017年に同じ百合作品の「あさがおと加瀬さん。」を手掛けた佐藤卓哉が務めている。
百合作品は個人的に好きなジャンルだし、加瀬さんも良かったので期待して見に行ってきた。

34468675_2320192801_29large.jpg
内容は、3分間だけ時間を止める能力を持つ森谷美鈴がクラスメイトの村上遥のスカートの中を覗いたところ、彼女にだけは時間停止の能力が効かず美鈴の行動がばれてしまう展開だ。
美鈴はお詫びに遥の願いなら何でも聞くと約束をして、二人だけの秘密を共有し始めていく。

34468675_2320192800_10large.jpg 34468675_2320192798_84large.jpg
人と接するのが苦手な主人公なので少々じれったく感じる所もあるが、雰囲気は嫌いではない。
二人のいちゃいちゃではなく、美鈴と謎の多い遥がどう本気で繋がっていくかが描かれていた。
特に遥は誰からも好かれる美人の優等生であるがゆえに、心に抱えているものはかなり重い。

34468675_2320192797_72large.jpg 34468675_2320192796_134large.jpg
美鈴が遥に支えられ成長していく中で見えてくる遥の本質、それを知った美鈴はどう動くのか。
もう少し緩い百合ものをイメージしていたけど、思ったよりシリアスなテーマの作品だったね。
こういう作品が作られる環境があるのは良い事だと思う、興味がある人は劇場へ行ってみては。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「ゾンビランド:ダブルタップ」 感想

  • 2019/11/28(木) 00:23:15

   
ゾンビ01
今回見た映画は「ゾンビランド:ダブルタップ」、2009年に公開されたゾンビランドの続編となる。
主演の4人はその後活躍を続け、エマ・ストーンに到ってはアカデミー主演女優賞を獲得した。
そんな4人が10年ぶりに一堂に会した今作は、前作の公開時と違い大きな注目作となっている。

ゾンビ02
内容は、前作から10年が経過し“ファミリー”となった4人が安住の地を見つけるも意見が対立してバラバラになる展開で、リトルロックは姉を置いて同年代の男バークレーと旅立ってしまう。
コロンバスの浮気相手マディソンも含めた4人は彼女を追うが、そこに新型ゾンビが襲ってくる。

ゾンビ03 ゾンビ04
前作と同様にゾンビが蔓延る世界がコメディチックに描かれていて、ホラー嫌いも見やすい。
10年共に歩んできた4人に関わってくる登場人物も濃い連中ばかりで、その絡みも面白かった。
コメディ調であってもいつ死ぬか分からない緊張感もあるんだよね、ツッコミ所は総スルーだw

ゾンビ05 ゾンビ06
ファミリーの絆を前面に押し出した内容だったので、せっかくの新型ゾンビも印象は薄いかな。
前作に登場した彼のおまけ映像が必要だったのか疑問だが、今回もきれいにまとまったと思う。
さすがにもう続編が作られる事は無いと思うけどね、あとゾンビランドサガとのコラボは笑った。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「ターミネーター:ニュー・フェイト」 感想

  • 2019/11/20(水) 21:03:45

   
タミネ00
今回見に行った映画は「ターミネーター:ニュー・フェイト」、人気シリーズの第6作目に当たる。
今作は2の正統な続編とされていて、生みの親ジェームズ・キャメロンが製作に復帰している。
サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンも28年ぶりに参加、シュワちゃんと久々の共演を果たした。

タミネ01 タミネ02
内容は、メキシコ人の娘ダニーを殺すために未来から来たターミネーター「Rev-9」と彼女を守る戦士グレースが戦い始める中、以前ジョン・コナーと共に世界を救ったサラが現れる展開だ。
ジョンとサラは審判の日を回避したが、新たな歴史ではダニーが人類を救う鍵となっていた。

タミネ03 タミネ04
2の歴史改変をリセットした過去作と違い、サラが人類を救った形になっていたのは良かった。
そこからどう繋げるのかなと思ったが上手くまとめたと思う、どうしても蛇足感は出てしまうが。
基本フォーマットは1と同じでそこに2の要素を入れた感じかな、アクションシーンの連続だった。

タミネ05 タミネ06
アクションのロケーションも色々なパターンがあって楽しかったね、CG映像はさすがの出来だ。
ただサラと「T-800」の存在が大きすぎて、主役コンビや新型ターミネーターの印象は薄いかも。
個人的にはそろそろ幕引きしても良いと思うシリーズだけど、今後も作られていくんだろうなあ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆」 感想

  • 2019/11/17(日) 15:14:59

   
氷結01
今回見に行った映画は「Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆」、人気作品のOVA上映だ。
OVA公開の1作目「Memory Snow」はお祭りを描いた穏やかな作品で、それと対をなしている。
TVシリーズの第2期制作は決まっているので、今作でさらに期待値を上げておきたい所だろう。

氷結02

内容は、ロズワール邸で行われた雪祭りの雪像を見ながらエミリアが自分の過去を思い出す展開で、森の魔女として周りから拒絶されるエミリアと彼女を見守るパックの姿が描かれている。
TVシリーズの前日譚に当たり、エミリアとパック以外のメインキャラはほとんど出てこない。

氷結03 氷結04
その見た目と大きな能力のため偏見の目で見られ続けるエミリア、全編通してそんな感じだ。
なので結構地味な作品となっている、エミリアとパックの絆の深さは分かったが面白みは薄い。
エミリアの出自については明かされなかったが、やはり嫉妬の魔女に関わっているのかな。

氷結05 氷結06
作中ではレムが一番人気な事から分かる様に、エミリアは可愛いけど見ているのは切ない。
そういった部分から今作の評価も分かれているのだろう、スバルたちが出ないのは中々厳しい。
少なくともTVシリーズを見てない人は行かない方がいい、ファンなら見ておたても良いかと。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」 感想

  • 2019/11/13(水) 20:28:00

   
イット00
今回見た映画は「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」、二部作の完結編となる。
スティーヴン・キングの原作小説は1986年に発表されていて、映画は2017年にリメイクされた。
前作「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」は最近レンタルで見たので、前後編という感じだ。

イット01
内容は、幼少時代に子供を襲う奇怪なピエロ・ペニーワイズを撃退したルーザーズ・クラブの7人が、復活して連続殺人を起こすペニーワイズを倒すため27年ぶりに故郷で再会する展開だ。
7人に復讐しようとしているペニーワイズに対し、仲間たちは儀式を行って消滅させようとする。

イット02 イット03
ホラーではあるが、ペニーワイズという怪物を倒そうとするモンスター映画の側面が強かった。
また二部作通して見ると、悩みを背負った少年少女たちの青春ムービーだった事がよく分かる。
個人的にはモヤモヤしていたビルとベバリー、ベンの関係が非常にスッキリ収まって良かった。

イット04 イット05
ペニーワイズの正体については色々な意見があると思う、まあスティーブン・キングだからねw
ホラーが苦手な人でも前作以上に見やすくなったんじゃないかな、不気味さは薄れているが。
ホラー映画の興行収入NO.1となった前作を越える事はないけど、きれいに完結したと思うよ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「冴えない彼女の育て方Fine」 感想

  • 2019/11/10(日) 11:17:49

   
冴えカノfine00
今回見た映画は「冴えない彼女の育て方Fine」、地上波放送から続く冴えカノの完結編となる。
2期は倫也が二人のサブヒロインのシナリオを描き上げ詩羽が高校を卒業したところで終わっているが、そこから残り3巻分を映画に収めきれるのか少し不安を感じながら見に行って来た。

冴えカノfine01
内容は、冬コミに向けゲームのシナリオを書こうとするもスランプに陥る倫也と彼を支える恵、二人の仲が徐々に近づいていくなか英梨々と詩羽を引き抜いた紅坂朱音が倒れてしまう展開だ。
苦境に立たされる英梨々と詩羽を助けようとする倫也に対し、恵は納得出来ない思いを抱える。

冴えカノfine02 冴えカノfine03
アニメの放送当初は確かに冴えなかった恵が、最後は最高のヒロインとなったのは感慨深い。
普通のようで実は一番面倒な子だったというのが良かった、倫也とのやり取りは本当に可愛い。
英梨々派のオレだけど彼女が負けるのは仕方ない、ただ彼女の諦めきれない想いも尊かった。

冴えカノfine04 冴えカノfine05
倫也はキモオタだけど筋を通してやる時はやるし、自分から告白したところはかっこよかった。
スタッフロール後にその後を描いてくれたのは嬉しいファンサービスだ、原作にも無かったしね。
きちんと最後まで描ききってくれて安心したよ、興味がある人は1期から振り返って見に行こう。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第二章」 感想

  • 2019/11/07(木) 07:32:33

   
銀英00
今回見に行った映画は「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第二章」、今回も4話構成だ。
前回は舞台挨拶付き上映に行ったけど今回は平日の夜に鑑賞、意外と埋まっていて驚いた。
1ヵ月後に第三章の上映が決まっているけど、個人的にはそれ以降が作られるかが気になる。

銀英01 銀英02
内容は、銀河帝国で結束した門閥貴族とラインハルト陣営との権力争い「リップシュタット戦役」が勃発し、時を同じくして自由惑星同盟では救国軍事会議によるクーデターが起こる展開だ。
我ばかり強くて堕落しきった貴族が撃ち滅ぼされる様は爽快だ、愚か過ぎていっそ清々しい。

銀英03 銀英04
逆に正義に振りかざす救国軍事会議はただただ醜悪だ、皆が自分の正しさを疑わないんだな。
自らの手を下せるラインハルトと組織に準じるヤン、体制と思想の差が如実に表れた話だった。
歴史にifは無いが、もしヤンがシェーンコップの言う通り政権を奪っていたらどうなったのかな。

銀英05 銀英06
そして遂に起きたヴェスターラントの悲劇、オーベルシュタインの策はいつも正しくて冷徹だ。
第三章への大きな伏線となるこの事件、次回予告を見て早くも泣きそうな気分になってきた。
当初はキャラデザに違和感もあったけど、丁寧に作っているし声優も頑張っているし楽しみだ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「クロール -凶暴領域-」 感想

  • 2019/11/04(月) 17:30:44

   
クロ00
今回見に行った映画は「クロール -凶暴領域-」、ワニの恐怖を題材としたモンスター映画だ。
ジョーズやロスト・バケーション、アナコンダなど動物パニックものはホラー映画のノリに近い。
この日映画を見に来ていた女子中学生くらいの4人組は、キャーキャー言いながら見ていた。

クロ01
内容は、巨大ハリケーンが接近している中でヘイリーは連絡が取れなくなった父・デイヴの様子を見にいく展開で、彼女は地下室でワニに襲われて意識を失っているデイヴを見つける。
地下室は徐々に浸水していくが、ワニが階段付近にいるため二人は脱出することが出来ない。

クロ02 クロ03
パニック映画として王道の作りなので、常にワニが襲ってくる心配をしながら見続ける感じだ。
水没が近いのに逃げられないし助けが来ても襲われる、ハラハラしながら見れる作品だった。
ワニに襲われる人の描写も悲壮感があったね、クロールでワニと競争するとか考えたくない。

クロ04 クロ05
「なぜここで襲ってこない?」と思ってしまうシーンもあるが、この手の作品では言わぬが花か。
ちょうど台風シーズンだったのもあってより臨場感が感じられた、最後はワニワニパニックだ。
おそらく予想した通りの手堅い映画という感じになると思う、好きなジャンルの人はお勧めだよ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「空の青さを知る人よ」 感想

  • 2019/10/27(日) 10:20:06

   
34468675_2318349542_114large.jpg
今回見に行った映画は「空の青さを知る人よ」、あの花、ここさけに続く三部作の最終作品だ。
前2作同様に埼玉の秩父が舞台となっているため、また折を見て秩父に行きたいと思っている。
個人的にはあの花は好きだがここさけは普通だったので、今回はどちらに振れるか楽しみだ。

34468675_2318349541_156large.jpg 34468675_2318349539_217large.jpg
内容は、高校卒業後に上京してミュージシャンを目指すあおいの前に姉あかねの13年前の恋人・慎之介が当時の姿で突然現れ、時を同じくして現在の慎之介も地元へ帰ってくる展開だ。
31歳の慎之介は演歌歌手のバックミュージシャンとなっていて、あかねと久々の再会を果たす。

34468675_2318349538_12large.jpg 34468675_2318349536_229large.jpg
メインの4人それぞれの感情の表現が演出・声優ともに上手いし、松平健もいい味出してだね。
世の中の厳しさを知った31歳の慎之介と夢を持った18歳のしんの、どちらの想いもよく分かる。
強がるけど姉が大切なあおい、そんなあおいを見守り続けたあかね、本当にいい姉妹だった。

34468675_2318349535_216large.jpg 34468675_2318349533_35large.jpg
過去に残した後悔を晴らした慎之介とあかね、切ない想いを知ったあおい、きれいなラストだ。
しんのがあおいを飛んで連れて行くところは行きすぎだけどね、普通に走った方が良かったな。
あの花の方が評価は高いけど個人的には今作の方が好きかもしれない、中々の良作だった。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「ジョーカー」 感想

  • 2019/10/20(日) 10:22:12

   
ジョーカー00
今回見に行った映画は「ジョーカー」、DCコミック作品バットマンの宿敵を題材とした作品だ。
ジョーカーの設定は完全には固まっていないため、その都度多くの誕生秘話が語られている。
映画も溶液漕に落下して変貌したパターンや、自分でピエロのメイクをしているパターンがある。

ジョーカー01
内容は、感情が高ぶると笑い出す障害のあるアーサーがピエロの仕事を首になり地下鉄で暴行してきたエリート社員を撃ち殺す展開で、それをきっかけに徐々に狂気におかされていく。
多くの事が妄想だと知った彼はジョーカーと化し、自分が目標としたコメディアンに会いに行く。

ジョーカー02 ジョーカー03
多くの人に絶賛されるだけあって心に刺さる作品だけど、ジョーカーというには違和感がある。
ジョーカーはもう少し若いと思うし、知性もユーモアもある悪のカリスマというイメージが強い。
だからこれはジョーカーが企画したプロパガンダ的な自伝映画だという考察は納得出来たね。

ジョーカー04 ジョーカー05
ホアキンの演技は素晴らしく狂気と抑圧が感じられた、誰もがジョーカーになり得るという事か。
ブルース兄弟説はネタとして面白い、この事件から生まれたのが本当のジョーカーなのかも。
見終わるとかなりの疲労感があるけど一見の価値は十分あると思う、あとは好みの問題だね。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「BLACK FOX」 感想

  • 2019/10/17(木) 22:06:03

   
ブラック01
今回見た映画は「BLACK FOX」、SAOAGGOやプリプリを手掛けたStudio 3Hz制作のアニメだ。
多くのアニメに関わったクリエーター達が集まり、主題歌もfripsideが歌うなど力が入っている。
ただほとんど宣伝はされておらず、公開劇場も少ないためあまり知られていないのが現状だ。

ブラック02
内容は、科学者の父や祖父を殺された忍者一族の少女・律花が父の研究を奪うため屋敷を襲撃してきた組織に復讐を始める中、仇のひとりである超能力少女ミアと出会う事になる展開だ。
ミアは律花の父に強烈な嫉妬心を燃やす科学者の父を持ち、その実験台にされる少女だった。

ブラック03 ブラック04
律花は忍者でありながら発明も得意という新世代ニンジャで、心に芯もあるいいキャラだった。
一方のミアは父に疑念を抱きながらも騙されてしまう子で、それぞれの親子関係は対照的だ。
父が残してくれた機械の相棒と信頼し合っている様子は良かったが、色々と詰め込み過ぎか。

ブラック05 ブラック06
今作の見所はやはりアクションシーンだと思う、体術と機械道具を操り戦う律花はかっこいい。
よく動いていたし終盤の次々畳みかけるバトルも勢いはある、ただ完結してないんだよねえ。
ラスボスまで辿り着いてないし続くって感じだけど、特に続編が制作される事も無く終わるかも。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第一章」 感想

  • 2019/10/13(日) 19:31:10

   
銀英雄01
今回見た映画は「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第一章」、TVシリーズの続編となる。
3章に分けたイベント上映で、第1シーズン放送が昨年4月なのでかなり時間が空いた印象だ。
全100話の旧作は何度も見てきたが、果たして新シリーズは最後までやってくれるのだろうか。

銀英雄02 銀英雄03
内容は、ヤンの知略によりイゼルローン要塞奪取に成功した同盟軍が大軍で帝国本土へ侵攻を開始、それに対し帝国軍のラインハルトが焦土作戦を実行して同盟軍の補給を断つ展開だ。
追い込まれた同盟軍はアムリッツァ星域に残存艦艇を集結させ、帝国軍と対峙する事になる。

銀英雄04 銀英雄05
最初に第1シーズンのあらすじをやってくれるのは助かった、中途半端なところで終わってたし。
端折られる部分もあるけどスクリーンで見る宇宙決戦は見応えがあるね、ヤンの知略が光る。
今回からヒルダも登場したがラインハルトと馬が合う感じで良かった、地球教も動き始めたな。

銀英雄06 銀英雄07
帝国では貴族連合との争いが始まり同盟ではクーデターの勃発、二章も色々盛りだくさんだ。
予告でラインハルトとキルヒアイスの関係に綻びが見え始めたし、三章のラストも見えてきた。
イベント上映で全12話が一気に見られるのは嬉しいが、TV放送でもきっちりやって欲しいね。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「HELLO WORLD」 感想

  • 2019/10/09(水) 21:55:19

   
ハロワ01
今回見た映画は「HELLO WORLD」、劇場版SAOの伊藤智彦氏が監督を務めたアニメ作品だ。
3DCG映像を2Dキャラに寄せた映像になっていて、脚本は小説家の野崎まどが執筆している。
公開前には舞台となった京都で試写会イベントなども行われており、かなり力が入っている。

ハロワ02 ハロワ03
内容は、平凡な高校生・堅書直実の前に未来の自分だと名乗る青年が現れ、この先同級生の一行瑠璃と恋人になるが、初めてのデートの時に落雷で彼女と死別すると伝えられる展開だ。
自分の世界が仮想上の世界だと知った直実は、それでも瑠璃を守るため青年と準備を始める。

ハロワ04 ハロワ05
とにかく瑠璃が可愛かったね、最初はとっつきにくいんだけど徐々に親しくなる様子が良かった。
ストーリーは散々宣伝している通りどんでん返しありきなので、中盤からはかなり分かりにくい。
もう少しストレートな話にした方が見やすかったな、オチは悪くないけど繋がりがピンとこないし。

ハロワ06 ハロワ07
サブキャラはもう少し活躍させても良かったと思う、特に三鈴は序盤だけの登場では勿体ない。
直実は努力家で好感が持てただけに残念だ、個人的にはラストシーンはもう少し見たかった。
意外と評価は高い作品だしオレ以上に楽しめる人も多いと思う、興味があれば行ってみては。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「アド・アストラ」 感想

  • 2019/10/06(日) 13:29:49

   
アドアストラ01
今回見に行った映画は「アド・アストラ」、ブラッド・ピットが主演の宇宙を舞台としたSF作品だ。
宇宙空間を題材とした映画は昔から好きなので、今回も公開前から見に行くつもりでいた。
インターステラー、ゼロ・グラビティ、オデッセイ、コンタクト等の映画と肩を並べられるだろうか。

アドアストラ02
内容は、サージという宇宙嵐の原因が20年前海王星へ地球外生命体探査に向かい行方不明になった父親にあると聞かされた宇宙飛行士のロイが、父を探すため海王星へ向かう展開だ。
ロイは海王星へ向かう道中で多くの危機に巻き込まれるが、真実を知るために進み続ける。

アドアストラ03 アドアストラ04
宇宙の神秘と向き合うというタイプではなく、どちらかと言うと人間ドラマが中心の作品だった。
映像や音響はさすがに良く出来ている、ロイが行くと常にトラブルが起きるので周りも大変だ。
親子愛ではなく人の孤独と向き合うような内容で、意外とストーリーは単調で全体的に仄暗い。

アドアストラ05 アドアストラ06
実態としては地味な映画だと思うがブラピや父役のトミーの演技は悪くないし、嫌いではない。
ただ人を選ぶ内容だと思う、先に書いた他作品ほど楽しめるかというと盛り上がりには欠ける。
こういった題材の作品が好きなら見てもいいと思うけど、DVD化を待ってもいいんじゃないかな。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「BanG Dream! FILM LIVE」 感想

  • 2019/09/26(木) 21:09:53

   
バンドリ01
先日公開スタートした「BanG Dream! FILM LIVE」、オレは7月の先行上映イベントで見てきた。
劇場版うたプリと同じくライブのみの映画なので、物語を期待していくと拍子抜けする事になる。
時間軸は2期の後なので、RAISE A SUIRENに六花は加入しておらずライブ参加も無かった。

バンドリ02 バンドリ03
という訳で今作はポピパ、Roselia、Afterglow、パスパレ、ハロハピの5バンドのライブ映画だ。
TVで放送されたライブの使いまわしは一切せず、全て新作映像でやってくれたのは嬉しいね。
新曲は全てフルバージョンでの披露だったし、全バンドが3曲以上やってくれたのは良かった。

バンドリ04 バンドリ05
丸山彩の可愛さ、空飛ぶこころ、掛け声をスルーされるひまり、各バンドの特徴が出ていたね。
そんな中で一番凄かったのがRoseliaだ、カメラワークや演奏時の動作が特にかっこよかった。
Tシャツ姿でのアンコールも印象的だ、もちろん開幕とトリを任されたポピパもいい演奏だった。

バンドリ06 バンドリ07
個人的にはアンコール前の楽屋裏の映像が気に入ったね、各キャラの楽しそうな様子がいい。
ミッシェルに戻る美咲や応援に来ているRASと六花、セリフは無かったけどいい見せ場だった。
出来れば声を出せる応援上映でもう一度行きたいね、ぜひライブらしい楽しみ方をして欲しい。

バンドリ08


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -」 感想

  • 2019/09/18(水) 21:39:46

   
ヴァイオ01
今回見に行った映画は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -」だ。
TV放送された人気アニメの外伝で、京アニ事件の前に完成しており予定通りの公開となった。
本来とは違う形で注目されてしまったが、そういった背景を抜きに楽しもうと劇場へ向かった。

ヴァイオ02
内容は、良家の子女が通う女学校の生徒イザベラの教育係としてヴァイオレットが派遣され交友を深めていく中、イザベラが過去に違う名前で妹と暮らしていた事が明かされていく展開だ。
離れ離れになった妹テイラーは、幼い頃に姉からもらった手紙を手にヴァイオレットを訪ねる。

ヴァイオ03 ヴァイオ04
イザベラとテイラーそれぞれの視点から見た物語で、OVAの割に上映時間は意外とあったな。
二人を繋ぐ手伝いをするヴァイオレットとベネディクト、何だかんだで皆面倒見がいいと思う。
テイラーのために費やした半生があの手紙で報われた感があった、きれいな前後編だったね。

ヴァイオ05 ヴァイオ06
個人的にはあそこまで行くなら姉妹の再会シーンは見たかったかな、そこは少し残念だった。
作画に関してはさすがの美しさだったね、中でも舞踏会のダンスシーンは印象に残ったなあ。
外伝とはいえ劇場で公開する意味のある作品だった、新作の劇場版も焦らず作って欲しいね。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説」 感想

  • 2019/09/12(木) 21:27:38

   
この01
今回見に行った映画は「この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説」、人気アニメの劇場版だ。
1期放送前はほとんど期待されていなかった作品が、ついに劇場版まで制作される事となった。
制作会社が変わったのは少し不安だが、好きな作品なので期待値高めで劇場へ向かった。

この02
内容は、紅魔の里の危険を知らせる手紙を受け取ったゆんゆんがカズマたちと共に故郷へ向かう展開で、実際は魔王軍を余裕で撃退していた紅魔族だったが一転してピンチに陥っていく。
紅魔の里を舞台とした話なのでめぐみんとゆんゆんが中心だったな、妹のこめっこが可愛い。

この03 この04
カズマのクズさと仲間想いのところが相変わらずで良い、めぐみんとの関係は変わってきたね。
この作品は魔王軍の幹部もいいキャラが多いけど、今回のシルビアも印象に残る敵役だった。
ギャグテイストで悲壮感無く真面目に戦う様子がこのすばらしい、終盤の畳みかけも良かった。

この05 この06
個人的にはめぐみんが一番好きなので、カズマとのやり取りは見ていて微笑ましかったね。
アクアとダクネスはあまり目立たなかったけど、今回に関しては紅魔族編だし仕方ないか。
このすばが好きなら間違いなく楽しめる映画だと思う、ぜひTVシリーズの3期もお願いしたい。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村