fc2ブログ

かみちゅ! 聖地巡礼 in 出雲

  • 2022/07/03(日) 20:04:27

   
広島・尾道を舞台とした「かみちゅ!」、この作品の頃から舞台が明示されるアニメが増えてきた。
以前オレも尾道へ行ったが時間が無くて探訪を途中で断念、いつか再訪したい場所でもある。
そんな今作の舞台の一つだった島根の出雲大社へ、玉造温泉の観光も兼ねて探訪してきた。

かみ01 かみ02
かみ03 かみ04
かみ05 かみ06
出雲の「神様コンベンション」に出席するため、ゆりえ様が一ヶ月間だけ転校したのがここだ。
ゆりえ様は中学生だが実際のモデルは小学校だった、敷地内に入るのはもちろん厳禁だ。

かみ07 かみ08
かみ09 かみ10

かみ11
コンベンションへは学校前の通学路から牛車に乗って向かったが、途中には旧大社駅がある。
この建築物は重要文化財となっていて現在は保存のため修復中、ここはぜひ見たかったなあ。

かみ12 かみ13
かみ14 かみ15
かみ16 かみ17
そこからどんどん進んでいくと出雲大社へ繋がる通りに到着、残念ながら大鳥居も修復中だ。
出雲大社の付近はお土産屋や飲食店が多く並んでいて、GW中なのもあって賑わっていたね。

かみ18

かみ19 かみ20
かみ21 かみ22
初めて来た出雲大社は想像以上に厳かで、垣根に守護された本殿には歴史の重みがある。
多くの神話に登場するこの場所からはゆりえ様の息吹も感じられた…ような気がしなくもない。
これこそ“聖地巡礼”に相応しい場所だったね、ちなみに「神在月のこども」の舞台でもあるよ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「トップガン マーヴェリック」 感想

  • 2022/07/02(土) 21:07:50

   
トップ01
今回見に行った映画は「トップガン マーヴェリック」、1986年に公開された人気作の続編だ。
トム・クルーズの出世作となった前作は個人的に名作というよりデートムービーの印象が強い。
主題歌や演出などオシャレでカッコいい作品ではあったが、続編への期待は正直薄かった。

トップ02
内容は、エリートパイロットが集うトップガンの教官を再び請け負う事となった伝説のパイロット・マーヴェリック、彼が不可能にも思える過酷なミッションをチームに達成させようとする展開だ。
チームには今は亡き相棒グースの息子ルースターも参加し、マーヴェリックと軋轢が生まれる。

トップ03 トップ04
渓谷を速く低く飛び小さな標的を破壊、マッハで離脱しミサイルを避け空中戦、厳し過ぎるだろ。
決死隊と考える軍に対して、全員死なせないため自らを投げ打つマーヴェリックがカッコいい。
ヒロインのジェニファー・コネリーは歳を重ねても美しかったし、オシャレ感もきっちり残っていた。

トップ05 トップ06
ミッションまでの訓練シーンやチーム内の不協和音があったからこそ、ラストシーンがより熱い。
ミッションクリアで大団円なんだろうなと思っていたら、その過程が予想外で最高に高まった。
冒頭に「デンジャー・ゾーン」が流れてから最後まで楽しめたし、文句なしの続編だったと思う。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

アニメ感想 かぐや様は告らせたい?-ウルトラロマンティック- 第3期 第12話(終) 他

  • 2022/07/01(金) 23:36:11

   
かぐや様は告らせたい?-ウルトラロマンティック- 第3期 第12話(終)
一番いい区切りと言われる文化祭編で3期は終了、石上の告白の件とかは先送りのままだが。
アニメだと会長の仕掛けがかなり分かりやすかった、お互いが告白出来ない理由がいいよね。
かぐやの色々な表情が見られて満足だ、新作アニメは途中をある程度省いた方がいいかも。
34468675_2562777892_10large.jpg 34468675_2562777891_164large.jpg
34468675_2562777890_9large.jpg 34468675_2562777889_121large.jpg
34468675_2562777888_133large.jpg 34468675_2562777887_213large.jpg

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第2期 第13話(終)
遂に虹ヶ咲の1stLIVEが開幕、ボードなしで出演した璃奈へのファンの対応が訓練されすぎw
侑の顔が思った以上に広まっていて驚いたね、ファンレターからのステージ登壇までがエモい。
全員集まってのライブも色々なシーンが散りばめられていて最高、もちろん続きを期待してる。
34468675_2562777877_23large.jpg 34468675_2562777875_149large.jpg
34468675_2562777874_145large.jpg 34468675_2562777873_102large.jpg

薔薇王の葬列 第24話(終)
もちろん史実で運命は分かってるんだけど、それでもリチャードが落ちていく様は切なかった。
あれはティレルが身代わりになったという解釈でいいのかな、生き残れたかは分からないが。
ケイツビーには少しでも報われて欲しかったなあ、西洋の大河ドラマのようで見応えがあった。
34468675_2562777872_96large.jpg 34468675_2562777871_12large.jpg
34468675_2562777869_167large.jpg 34468675_2562777868_231large.jpg

デート・ア・ライブIV 第12話(終)
二亜編、六喰編と続き最後に満を持して狂三編、構成はいいが途中で終わるのはどうなんだ。
十香達の見せ場は全然無かったけどキャラも多いし仕方ない、そしてラスボスは村雨先生か。
人気でOVAも作られた狂三頼みのような展開だけど、やはり魅力があるし5期も結構楽しみだ。
34468675_2562777886_207large.jpg 34468675_2562777884_218large.jpg
34468675_2562777883_93large.jpg 34468675_2562777882_61large.jpg

盾の勇者の成り上がり Season2 第13話(終)
亀との戦いが終わったと思ったら異世界へと、どんどん本筋とは違う方向へ行った感じだった。
ただ絆はいいキャラだったので、世界は異なるけど一緒に付いて来られると良かったのにな。
2期のラスボスのキョウはクズなだけで印象に残ってない、3期はもう少し盛り上がりが欲しい。
34468675_2562815454_2large.jpg 34468675_2562815453_87large.jpg
34468675_2562815452_140large.jpg 34468675_2562815451_161large.jpg

群青のファンファーレ 第13話(終)
序盤のアイドルストーリーに時間をかけ過ぎたと思う、競馬に全然関係ない話ばかりだったし。
途中から路線が変わって良くなったけど地味だったな、キャラも無駄に人数が多いだけだった。
このタイミングで競馬を題材にしてここまで空気になるとは、みくちゃんは可愛かったのになあ。
34468675_2562777881_194large.jpg 34468675_2562777880_177large.jpg
34468675_2562777879_108large.jpg 34468675_2562777878_84large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○BIRDIE WING -Golf Girls' Story- 第13話
○くノ一ツバキの胸の内 第12話
△SPY×FAMILY 第12話
△カッコウの許嫁 第10話
△キングダム 第4シーズン 第12話
△可愛いだけじゃない式守さん 第10話
△ラブオールプレー 第13話


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「ハケンアニメ」 感想

  • 2022/06/30(木) 20:05:41

   
ハケン01
今回見た映画は「ハケンアニメ」、辻村深月が書いたお仕事小説を実写映画化した作品だ。
本屋大賞にノミネートされるなど話題になった作品で、いつか読もうと思い今に至ってしまった。
邦画は普段あまり見ないが、今作は試写会の評判がかなり良かったので見に行く事にした。

ハケン02

ハケン03 ハケン04
内容は、初めてアニメのTVシリーズを任された新人女性監督・斎藤瞳が、同じ時間帯のTVアニメを制作する事になった憧れの天才監督・王子とそれぞれの作品で覇権争いをする展開だ。
瞳はクセ者プロデューサーの行城やアイドル声優に悩まされ、視聴率の差も付き始めていく。

ハケン05 ハケン06
監督業の辛さや環境の厳しさだけでなく、アニメ制作サイドの情熱も伝わってくる話だったね。
王子の抱える葛藤とクリエイターの矜持も凄いし、瞳と王子の対談は二人の熱が感じられた。
ずっと嫌なヤツに思えた行城の真意に気付かされた時は、こいつかっこいいなと感心したよ。

ハケン07 ハケン08
まりんかもこの難しい役をよく引き受けたと思う、瞳と分かりあうシーンはちょっと泣けてきた。
何よりそれぞれが制作した作中アニメが素晴らしく、どちらの作品も見たいと思わされたね。
アニメの結末やどちらが覇権アニメかなど見所も多く、アニメファンにこそ届いて欲しい作品だ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

アニメ感想 であいもん 第12話(終) 他

  • 2022/06/28(火) 20:49:16

   
であいもん 第12話(終)
一果の誕生日に2人でお出かけ、出会った頃に比べて和への信頼が大きくなったのが分かる。
和がお父さんと言われても否定しない一果が可愛い、本当の父親とは結局再会しないままか。
皆に誕生日を祝ってもらって一果が幸せを感じてくれてるといいな、ストックもあるし2期をぜひ。
34468675_2562694672_50large.jpg 34468675_2562694671_143large.jpg
34468675_2562694670_83large.jpg 34468675_2562694669_61large.jpg

古見さんは、コミュ症です。 第24話(終)
ホワイトデーの話は妹とのやり取りから古見さんの家へ行くところまで、終始ニヤニヤしてたわ。
そこからの消しゴム落としって落差がありすぎるだろ、小中学生の頃はめっちゃやってたなあ。
2人で1年を振り返る所は良かったな、古見さんも少しずつ喋れるようになったし続きが見たい。
34468675_2562694660_129large.jpg 34468675_2562694659_82large.jpg
34468675_2562694658_210large.jpg 34468675_2562694657_154large.jpg

恋は世界征服のあとで 第12話(終)
最終話は共通の敵を2人で倒す王道展開、不動とデス美が本当にお似合いのカップルだった。
究極怪人はゆかりんだったのか、作画も良かったし戦隊物をベースにしたノリが好みだったな。
王女シリーズやジェラート5の仲間達もいいキャラが多かったし、最後まで安定して楽しめたね。
34468675_2562694649_88large.jpg 34468675_2562694647_194large.jpg
34468675_2562694645_90large.jpg 34468675_2562694643_124large.jpg

社畜さんは幼女幽霊に癒されたい。 第12話(終)
最初は幽霊ちゃんが会社で立ち去れ言うだけで退屈だったが、みゃーこの登場で変わったね。
2人と一緒に暮らすようになって癒され度が一気に増したと思う、2人の仲良さげな所も好きだ。
最終話で引っ越すとは驚いたな、結局社畜さんの仕事はブラックのままだけど幸せならいいか。
34468675_2562694655_95large.jpg 34468675_2562694653_32large.jpg
34468675_2562694652_226large.jpg 34468675_2562694651_212large.jpg

ヒロインたるもの!~嫌われヒロインと内緒のお仕事~ 第12話(終)
あそこまでした千鶴を簡単に許すんだなって気はするけど、ひよりの性格なら仲直りも分かる。
ステージパス見せるとか傍から見ると煽ってる感じもするけど、それは素直な見方じゃないかw
告白実行委員会と繋がってるとは最初気付かなかったな、恋を絡めなかったのは正解だった。
34468675_2562694668_235large.jpg 34468675_2562694667_217large.jpg
34468675_2562694666_222large.jpg 34468675_2562694665_213large.jpg

骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 第12話(終)
ラスボス的に召喚されたヒュドラだけど強敵感は無かったな、イフリートはインパクトあったが。
骸骨設定も出オチみたいなものだし、結局印象に残ったのは女性キャラが襲われるシーンか。
ここからはチヨメも含めた3人旅になるのかな、もう少し世直し旅を前面に出した方が良かった。
34468675_2562694664_173large.jpg 34468675_2562694663_87large.jpg
34468675_2562694662_153large.jpg 34468675_2562694661_223large.jpg

エスタブライフ グレイトエスケープ 第12話(終)
今後マルチ展開していく「エスタブライフ」の世界観だけど、最後まで魅力を感じられなかった。
逃げる事がそんなに難しそうに見えなかったし、そもそも逃がし屋も3人だけで良かったのでは。
CGもそこそこで各キャラのインパクトも薄いし、ここからゲーム・映画に繋がると思えなかった。
34468675_2562694676_218large.jpg 34468675_2562694675_6large.jpg
34468675_2562694674_120large.jpg 34468675_2562694673_205large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○サマータイムレンダ 第11話
○まちカドまぞく 2丁目 第11話
△盾の勇者の成り上がり Season2 第12話


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

2022年 夏の新作アニメ選定

  • 2022/06/27(月) 00:53:42

   
3ヶ月に1度の新作アニメ選定、本数が多いのもあり年々スパンが短く感じるようになってきた。
劇場公開されるアニメ映画もこの数年でかなり増えたし、まさに1年中アニメを見ている感じだ。
週末は移動時間に見る事が多いけど、見続けるためには放送日の偏りを何とかして欲しいね。



https://www.kansou.me/#s202206
まずは第1話を視聴する作品が下記となります(ショートアニメ除く)

黒の召喚士
てっぺんっ!!!!!!!!!!!!!!!
リコリス・リコイル
Engage Kiss
うたわれるもの 二人の白皇
Extreme Hearts
最近雇ったメイドが怪しい
ラブライブ!スーパースター!! 第2期
異世界薬局
連盟空軍航空魔法音楽隊ルミナスウィッチーズ
KJファイル
ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season
転生賢者の異世界ライフ
金装のヴェルメイユ
東京ミュウミュウ にゅ~♡
オーバーロードⅣ
シャインポスト
邪神ちゃんドロップキックX
咲う アルスノトリア すんっ!
異世界おじさん
継母の連れ子が元カノだった
メイドインアビス -烈日の黄金郷-
異世界迷宮でハーレムを
組長娘と世話係
はたらく魔王さま!!
よふかしのうた
それでも歩は寄せてくる
ブッチギレ!
シャドーハウス 2nd Season
プリマドール
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV
神クズ☆アイドル
彼女、お借りします 第2期
惑星のさみだれ

とりあえず第1話を見てみようと思ってるのがこの34本、継続視聴分を含めると37本スタートだ。
目に付くのは続編の多さだね、10本もあるけど邪神ちゃんやメイドインアビスはかなり楽しみ。
そんな中あえて気になる新作アニメを挙げるなら、リコリス・リコイルとEngage Kissの2本かな。
アニメ

リコリス・リコイルもEngage Kissも前評判は高い、まあ試写会の感想だしその勢いが続くかだ。
名作と言われる惑星のさみだれは、正直今の時代には合わないんじゃないかなと思っている。
続編が話題の中心になりそうだけど、そんな中で「ハケンアニメ」が出てきてくれると嬉しいな。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

アニメ感想 パリピ孔明 第12話(終) 他

  • 2022/06/24(金) 23:45:02

   
パリピ孔明 第12話(終)
最初が面白かっただけに失速した感は否めなかったが、アザリエの登場で盛り返したと思う。
KABEのエピソードの辺りから孔明の出番が減っていったし、ちょっとテンポも悪くなった感じだ。
アザリエは結構好きだけど唐澤との和解は意外、英子と孔明のコンビはもう少し見たかった。
34468675_2562560309_219large.jpg 34468675_2562560308_21large.jpg
34468675_2562560306_108large.jpg 34468675_2562560304_129large.jpg

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 第12話(終)
リオンは普通に戦うより相手の弱みに付け込む姿が一番輝いてたな、いい意味でクズだった。
当初のライバルだったバカ5人は何だかんだでいいヤツだし、マリエ編も作って欲しくなったね。
リヴィアのめんどくささも結構好きだし、各キャラの成長や軋轢など最後まで面白く見られたよ。
34468675_2562560298_67large.jpg 34468675_2562560297_61large.jpg
34468675_2562560296_14large.jpg 34468675_2562560295_2large.jpg

勇者、辞めます 第12話(終)
正にタイトル通り勇者を辞めて終わったな、勇者と魔王の立ち位置が変わる展開は良かった。
結局自分の意志で指令を消せたのか、あのままレオが死んだらリリの号泣が悲しすぎたしね。
照れるエキドナは新鮮で可愛いな、原作が完結している事もあってスッキリしたラストだった。
34468675_2562560294_58large.jpg 34468675_2562560293_97large.jpg
34468675_2562560292_220large.jpg 34468675_2562560291_129large.jpg

RPG不動産 第12話(終)
ファーにやられた琴音がそのまま死ぬとは思わなかった、魂を手で抑えるのはシュールだが。
琴音が生き帰ったから良かったものの、黒幕が何事もなく逃げる去ったのは腑に落ちないな。
露出多めだしきらら系でほのぼの一辺倒じゃないのも良かったね、色々と新鮮な作品だった。
34468675_2562592954_122large.jpg 34468675_2562592953_117large.jpg
34468675_2562592952_141large.jpg 34468675_2562592951_25large.jpg

ヒーラー・ガール 第12話(終)
見習いの3人がヒーラーとして巣立っていくまで丁寧に描かれていて、世界観も結構良かった。
最初はミュージカル要素が目立っていたけど、そのうち慣れるし歌唱力は中々のものだった。
師から弟子へと繋がっていく感じの演出はいいね、ラストの曲も含めきれいな最終回だったよ。
34468675_2562560302_199large.jpg 34468675_2562560301_169large.jpg
34468675_2562560300_192large.jpg 34468675_2562560299_119large.jpg

トモダチゲーム 第12話(終)
最終話の展開はアニオリなのかな、それくらい今までのトモダチゲームとはノリが違っていた。
ジャンケンの結末は予想通りだけど煽り方は上手いな、友一の望みは未だよく分からないが。
次のゲームが始まる直前で終わったけど2期やるのかな、色々謎が多く残っててモヤっとする。
34468675_2562560313_235large.jpg 34468675_2562560312_29large.jpg
34468675_2562560311_172large.jpg 34468675_2562560310_93large.jpg

史上最強の大魔王、村人Aに転生する 第12話(終)
最後までイマイチ乗り切れなかったな、ヒロイン2人は居ても居なくてもいいって感じだったし。
アードとローグの闘いは悪くなかったけど、把握してたならリディアにもう少し絡んで欲しかった。
特に思い入れがない状態でいきなり過去編は早すぎたんじゃないかな、続きは無くていいや。
34468675_2562592950_145large.jpg 34468675_2562592949_247large.jpg
34468675_2562592948_103large.jpg 34468675_2562592946_21large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○BIRDIE WING -Golf Girls' Story- 第12話
○薔薇王の葬列 第23話
○くノ一ツバキの胸の内 第11話
○カッコウの許嫁 第9話
△SPY×FAMILY 第11話
△ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 第2期 第12話
△ラブオールプレー 第12話
△可愛いだけじゃない式守さん 第9話
△群青のファンファーレ 第12話
△キングダム 第4シーズン 第11話


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「五等分の花嫁」 感想

  • 2022/06/22(水) 22:11:23

   
花嫁01
今回見に行ったのは「映画 五等分の花嫁」、人気アニメのTVシリーズの続編となっている。
2期の最終話が始まる前には3期に続くと思っていたが、劇場版になったのは少し意外だった。
原作の完結は結構前で結末は既に知っているが、アニメで改めて見届けるために行ってきた。

花嫁02 花嫁03
内容は、アルバイト家庭教師として五つ子と同じ時間を過ごしてきた風太郎が修学旅行を終えて自分の恋心を自覚し、迎えた学園祭の最終日に五つ子のひとりに告白しようとする展開だ。
一花、二乃、三玖、四葉、五月は、学園祭期間中に風太郎との思い出をそれぞれ作っていく。

花嫁04 花嫁05
花嫁06 花嫁07
本当に収まるのだろうかと危惧していたけど、上手く尺を調整し綺麗にラストまで辿り着いたね。
それぞれと過ごした時間をヒロインごとに切り替え、魅力と想いを伝えていく構成は良かったな。
また恋愛部分だけでなく家族愛や将来などもしっかり描かれていて、6人の成長が感じられた。

花嫁08 花嫁09
ただ映画という感じではなくあくまでTVシリーズの続きで、作品を知らないとさっぱりだと思う。
ダイジェストにするにはもったいないシーンも多く、やはりTVシリーズでやって欲しかったかな。
とは言え最後まで描き切ってくれたのは本当にありがたい、長時間だけどやっぱり面白かった。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

アニメ感想 ダンス・ダンス・ダンスール 第11話(終) 他

  • 2022/06/21(火) 22:12:36

   
ダンス・ダンス・ダンスール 第11話(終)
都を奪い返そうとする流鶯に対し、潤平は自分より流鶯に都が必要だと考えた決断だったな。
まさか五代から抜けるとは思わなかった、生川綾子も潤平の得難い才能を認めているようだ。
成長した潤平と流鶯の共演も楽しみだ、巣立ち編という感じだったので続きは漫画読もうかな。
34468675_2562411281_178large.jpg 34468675_2562411280_49large.jpg
34468675_2562411279_60large.jpg 34468675_2562411278_163large.jpg

阿波連さんははかれない 第12話(終)
最初の頃は完全にギャグアニメだったから、ここまでラブコメ色が強くなるとは思わなかった。
距離の近さにはすぐに慣れ、むしろ突飛な思考をするライドウの方が変わり者に見えてきたね。
ラストにギャルっぽい子が出てきたけど2期あるのかな、テンポがよくてノリもいい作品だった。
34468675_2562411268_140large.jpg 34468675_2562411267_242large.jpg
34468675_2562411266_69large.jpg 34468675_2562411265_185large.jpg

理系が恋に落ちたので証明してみた。r=1-sinθ 第12話(終)
前回怪しい気配を出していた式城が予想を遥かに越えるヤバいヤツだった、インパクト強いわ。
奏が雪村に惚れるのも自然な流れだ、氷室も寛容に構えてるけどいつまで余裕がある事やら。
三角関係になってからの実験も面白そうだな、個人的には恵那&虎の今後の方が気になる。
34468675_2562411274_124large.jpg 34468675_2562411273_24large.jpg
34468675_2562411271_42large.jpg 34468675_2562411269_12large.jpg

処刑少女の生きる道-バージンロード- 第12話(終)
1話の出オチは良かったけどそれ以降も意外と楽しめた、個人的にメインの2人よりモモ推しだ。
パンデモニウムはラスボス感があっていいキャラだったから、マノンと共に復活はありだね。
師匠とも敵対しそうだし盛り上がりそうなのはむしろここからだと思う、でも2期は無さそうかな。
34468675_2562411261_246large.jpg 34468675_2562411260_107large.jpg
34468675_2562411259_27large.jpg 34468675_2562411258_109large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○サマータイムレンダ 第10話
○かぐや様は告らせたい?-ウルトラロマンティック- 第3期 第11話
○古見さんは、コミュ症です。 第23話
○であいもん 第11話
○恋は世界征服のあとで 第11話
○ヒロインたるもの!~嫌われヒロインと内緒のお仕事~ 第11話
○社畜さんは幼女幽霊に癒されたい。 第11話
△エスタブライフ グレイトエスケープ 第11話
△まちカドまぞく 2丁目 第10話
△デート・ア・ライブIV 第11話
△盾の勇者の成り上がり Season2 第11話
△RPG不動産 第11話
△骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 第11話
△史上最強の大魔王、村人Aに転生する 第11話
 総評
サマータイムはダンジョンホラーゲームのようだった、かぐや様は押しの強い会長がかっこいい。
古見さんは山井が変態性を全く隠さなくなった、であいもんは最終話で父と再会するのかな。
恋せかは同僚も赤子にする鮮血王女恐るべし、ヒロインは掲示板に貼ったのも千鶴なのかな。
34468675_2562411264_50large.jpg 34468675_2562411257_124large.jpg
34468675_2562411276_218large.jpg 34468675_2562411263_230large.jpg
34468675_2562411282_46large.jpg 34468675_2562411277_245large.jpg


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「犬王」 感想

  • 2022/06/19(日) 22:47:50

   
犬王01
今回見に行った映画は「犬王」、小説「平家物語 犬王の巻」を原作としたミュージカルアニメだ。
監督は四畳半神話大系やピンポンなどを手掛けた湯浅政明で、意欲的な作品が多い監督だ。
ただその独特な作風は好き嫌いが分かれるし、当たるか外れるかは正に見ないと分からない。

犬王02
内容は、室町時代の京都で猿楽の一座に異形の姿で生まれ顔を隠しながら生きてきた犬王と、平家の呪いで盲目となり琵琶法師となった友魚が出会い逆境を切り開いていく展開だ。
犬王は新しい踊りを、友魚は友有と名を変え新しい楽曲を生み出し、民衆の支持を得ていく。

犬王03 犬王04
忘れられた平家の物語というロックを奏でて二人で成り上がっていく、サクセスストーリーだね。
犬王が徐々に身体を取り戻す流れはどろろがベースで、やり切った最後の舞台は見事だった。
争いの火種は残さないという時代背景の中で訪れた犬王と友有の異なるラストも印象的だ。

犬王05 犬王06
現代の踊りや舞台演出を用いたステージは熱いが、繰り返しの多い曲調もあり冗長に感じる。
場面転換が少ないため使い回しのようにも見えるし、もう少し舞台数を増やしても良かったな。
世界観や映像は悪くないけどその辺は見づらく感じた、拘りは分かるがちょっと勿体ないかも。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村