高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの レポ

  • 2019/08/18(日) 19:32:31

   
高畑勲展01
昨年の4月に亡くなった映画監督でありアニメ演出家だった高畑勲、その展覧会へ行ってきた。
日本のアニメーションの礎を築き、他の制作者にも影響を与えた功績は誰もが認めている。
この展覧会は絵を描かない高畑氏の演出に注目した内容で、未公開資料の展示も多かった。

高畑勲展02
近年では宮崎駿の同志というイメージが強く、アニメ映画の監督という認識が強かったと思う。
「風の谷のナウシカ」のプロデューサーを務め、スタジオジブリの設立にも参加していたしね。
彼が「ドラえもん」のアニメ立ち上げに関わっていたなんて知っている人は、ほとんど居ない。

高畑勲展03

高畑勲展04 高畑勲展05
やはり高畑氏と言えば「蛍の墓」と答える人は多いだろうね、一躍名前が広まった作品だし。
オレも名前を把握したのはそのくらいかも、もちろん物心ついた頃から作品は見ていたけど。
「アルプスの少女ハイジ」、「赤毛のアン」、「母をたずねて三千里」などは誰もが知る名作だ。

高畑勲展06 高畑勲展07

高畑勲展08
遺作となった「かぐや姫」はかなり印象に残った作品だね、水彩画風の映像は見事だった。
50年以上アニメに関わり現役を貫いた高畑氏、彼が居なければ宮崎駿もどうなっていたか。
多くの資料を何時間もかけて拝見し、改めてその功績を感じられる素晴らしい展覧会だった。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

アニメ感想 鬼滅の刃 第19話 他

  • 2019/08/17(土) 08:36:13

   
○鬼滅の刃 第19話
累との戦いは見所が多かったな、走馬灯を見てからヒノカミ神楽を使った炭治郎がかっこいい。
同時に禰豆子も血気術が使えるようになるのも凄いね、冨岡さんの手助けは入ると思ったし。
作画はもちろん何よりBGMの入れ方が印象的だ、竈門家の家族ED含め最後まで良かったよ。
34468675_2314663107_65large.jpg 34468675_2314663104_66large.jpg
34468675_2314663103_39large.jpg 34468675_2314663102_186large.jpg

○からかい上手の高木さん2 第6話
2年続けてのスポーツテスト勝負で、この1年でさらに新密度が上がったのが分かる話だった。
西片はずっと努力し続けてかなり運動能力は上がったね、それを上回る高木さんの精神攻撃。
駄菓子屋パートはデートにしか見えないな、高木さんの女の子らしい仕草もいい感じだった。
34468675_2314663100_150large.jpg 34468675_2314663099_63large.jpg
34468675_2314663098_30large.jpg 34468675_2314663097_87large.jpg

○コップクラフト 第6話
今までと毛色の違うギャグ話だったけど良かったな、マトバもティラナも色々な表情が見れた。
破廉恥な雑誌を見て動揺したティラナがずっとガン見してたのは笑った、興味津々じゃないか。
前半と終盤で自動車に乗った時の立場が引っくり返るのは面白い、良いコンビになってきたね。
34468675_2314663118_56large.jpg 34468675_2314663117_152large.jpg
34468675_2314663115_34large.jpg 34468675_2314663114_173large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○ダンベル何キロ持てる? 第7話
○ヴィンランド・サガ 第6話
△かつて神だった獣たちへ 第7話
△Re:ステージ! ドリームデイズ♪ 第6話
△MIX 第18話
△この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第19話
△ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 第6話
△可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 第6話
△戦姫絶唱シンフォギアXV 第6話
 総評
ダン持ては先生がお面を付けてる理由が分かった、ヴィンサガはトルフィンが仕上がってきた。
かつて神はしばらく主役はシャールで進みそう、リステはオルタンシアもいいアイドルだったな。
MIXは音美たち三人のやり取りが楽しかった、YUNOは当時普通に子供が出来て驚いたなあ。
34468675_2314663113_12large.jpg 34468675_2314663119_165large.jpg
34468675_2314663110_243large.jpg 34468675_2314663111_143large.jpg
34468675_2314663108_44large.jpg 34468675_2314663096_136large.jpg


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「天気の子」 感想

  • 2019/08/15(木) 19:32:53

   
天気01
今回見に行った映画は「天気の子」、新海監督の「君の名は。」に続く3年ぶりの劇場アニメだ。
前作で全国に名を知られるようになった新海誠、その次作は今まで以上に注目を集めていた。
主題歌も再びRADWIMPSが担当、果たして新海監督はどの方向に舵を切ったのだろうか。

天気02 天気03
内容は、宛もなく東京へやって来た帆高はライターの須賀と知り合い同居しながら仕事を手伝っていたが、晴天を呼ぶ「晴れ女」の陽菜と出会い一緒に雨を止ませるバイトを始める展開だ。
家出少年でもある帆高は偶然本物の拳銃を拾って所持していたため、警察の捜査を受ける。

天気04 天気05
これだけメジャーになったし落ち着いた作風になるかなと思ったが、今までの新海誠だったね。
迷惑も考えず陽菜たちを守ろうと突っ走る帆高の青臭さ、ハッピーエンドと言い切れないラスト。
何より陽菜の可愛さが最高だったね、お姉さんぶる姿や健康的な露出などいいキャラだった。

天気06

天気07 天気08
「君の名は。」で新海作品を知った人はどう感じたかな、十分一般寄りにはしていたと思うけど。
そんな観客へのちょっとしたサービスも良かった、エロゲー(泣きゲー)展開という声も分かる。
好みの問題だけど個人的には「君の名は。」より好きかも、ただ前作ほどの大ヒットは厳しいか。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

田村ゆかり LOVE LIVE 2019 *Twilight Chandelier* 東京公演1日目 レポ

  • 2019/08/14(水) 19:52:25

   
田村ゆかり-LOVELIVE-2019-Twilight-Chandelier-開催決定
先日、田村ゆかりのLOVE LIVE 2019 Twilight Chandelierが無事にツアーファイナルを迎えた。
ツアー中には通算100公演も迎えて盛り上がっていたね、オレは東京公演の初日に参加した。
ゆかりんが中野サンプラザでライブをするのは、初めてだそうだ。(FCイベやゆかたん除くw)

5c9431f9d8ceb_c72a87380d9802aa6eee8264602c383d.jpg
https://yukalove.net/twilightchandelier-setlist/#717_1
セットリスト
平日にも関わらず客席はフルハウスだけど、その割には学生は少なく20~30代が中心かな。
今回のツアー内容は、今年発売されたミニアルバム「Strawberry candle」を中心としたセトリだ。
アルバムの曲はもちろんだけど、初めて生歌で聴いた曲が多くて新鮮な気持ちで楽しめたね。

o1280096014505343670.jpg
今回は地方公演にも着いて行った王国民が多いだけあって、コールの練度はさすがだった。
MCはいつも通り楽しくたっぷりと話し込んでいたけど、マジックミラー号のくだりは笑ったなあ。
自分もオタクだからと好きなアーティストのライブに行く時の姿勢を話してくれたのも印象的だ。

61tQGoTbywLSL1151.jpg
「fancy baby doll」など定番曲はほとんど無かったライブだけど、満足感はかなり高かったね。
ゆかりんの4年ぶりのライブツアーはここしか参加出来なかったけど、行けて本当に良かった。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

アニメ感想 グランベルム 第6話 他

  • 2019/08/13(火) 17:36:25

   
○グランベルム 第6話
ここまで惰性で見続けてきたけど今回の展開でようやく化けた感じだな、EDの演出は驚いた。
周りの思いやりで逆に追い込まれたね、斧まで持ち出すアンナが切れずに終わる訳がない。
ストーキングという名のライフワークの帰結は暴走による自滅だろうけど、見届けたいところだ。
34468675_2314413700_69large.jpg 34468675_2314413699_179large.jpg
34468675_2314413698_190large.jpg 34468675_2314413695_231large.jpg

○彼方のアストラ 第6話
ウルガーの過去が明かされたけど銃は彼のでは無かったのか、やはり裏切り者ではなかった。
ルカも含め家庭に事情を抱えた人が多いね、ただユンファのように良い方向に変われたようだ。
ラストでシャルスの表情が豹変したけど、嘘まで付いていたし彼が裏で仕組んでいたのかな。
34468675_2314413704_35large.jpg 34468675_2314413703_147large.jpg
34468675_2314413702_170large.jpg 34468675_2314413701_186large.jpg

○女子高生の無駄づかい 第6話
マジョとその妹が登場してこれで全キャラ揃ったのかな、マジョは捻くれてなくていい子だった。
マジョとロリの絡みは微笑ましかったな、何だかんだで面倒を見てあげるトリオは案外優しい。
残りの話数で色々な絡みが見たいところだ、あとワセダとヤマイのネタは毎回安定して面白い。
34468675_2314413694_229large.jpg 34468675_2314413692_246large.jpg
34468675_2314413690_134large.jpg 34468675_2314413687_169large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○荒ぶる季節の乙女どもよ。 第6話
○キャロル&チューズデイ 第16話
○ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第5話
△フルーツバスケット 第19話
△Dr.STONE 第6話
△魔王様、リトライ! 第6話
△うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 第6話
△まちカドまぞく 第5話
△通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? 第5話
△とある科学の一方通行 第5話
△異世界チート魔術師 第5話
△炎炎ノ消防隊 第5話
 総評
荒ぶる季節は菅原氏がいい感じで素直になってきた、キャロチューは2話続けてゲスト回か。
ダンまちはあの二人も仲間になるのかと思った、フルバは透に会う人それぞれが癒されていく。
Dr.STONEは大樹たちとはずっと別陣営になるのか、魔王リトライはきたねぇ花火ネタに笑った。
34468675_2314413825_145large.jpg 34468675_2314413828_246large.jpg
34468675_2314413827_201large.jpg 34468675_2314413829_18large.jpg
34468675_2314413824_31large.jpg 34468675_2314413826_98large.jpg


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村